スキマ時間は、1日、1時間9分だそうだ「時事」

パナソニック(株)は、スキマ時間に外でもテレビを見られるサービス「外からどこでもスマホ視聴」を開始。そのためスキマ時間についての調査を実施し、以下のようなデータを発表しました(パナソニック調べ)※1。

スキマ時間の平均:1日、1時間9分

30分~1時間が、26.5 %で一番多く、

20分~30分未満が、23.6 %で二番目。

で、そのスキマ時間で、「それ」をしている時間は「自分時間」と感じられる行為を選んでください、というアンケートでは、

1位:PCでインターネットサーフィンをする 37.2 %

2位:読書をする 24.1 %

3位:TVを見る 20.3 %

4位;音楽を聴く 16.9 %

5位:スマホでSNS 16.2 %

6位:うたた寝する 12.4 %

7位:PCでSNSを見たり、書き込み 10.2 %

8位:スマホでインターネットサーフィン 9.4 %

9位:スマホで携帯電話やゲーム 9.0 %

10位:飲みものを飲む 8.6 %

とのこと。

 他、映画を見る、間食する、漫画を読む、勉強をする、ランニングする etcなどなどが上がっている。

 20代~50代、男女、合計640名が母集団だが、「PCでインターネットサーフィンをする」とは、いささか偏った意見ではないかな~という気もする。選択枝の中に「散歩する」「友達と遊ぶ」「片付ける」などが無いのも気になる、といえば気になる。

 とはいえ、PCやスマホで「何かする」と、それなりに充実している時間と感じる人が多いのも事実。一体、みんな、インターネットサーフィンで何を見ているのでしょうね?

※1:パナソニックの発表については右記URLなどを参照されたし。http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000001409.html